アイドルに終わりはつきものらしいです

アイドルまみれの生活をしてます。朝ドラもアイドルだし、お熱のえぴんくもアイドルだし、AKB好きだし、Twinsはライフワークだし。

ほんと、息苦しくてしゃーないわw アイドルってホント疲れる。

ということで、最近思いついたことをダラダラ語って行きます。

上って、転がって。~アイドルに終わりはつきものらしいです~

ということで、MARQUEE編集長のブログの一部を引用させて頂きます。

たぶん、今のAKBはこんな感じですというのがこの文章ですべてわかると思う。

で、idol nation で何が一番印象的だったかと言うと、AKB 48。
これが今のAKBの現状なんだと正直ビックリしてしまった。
それはむしろ、この世界の将来に初めて不安を感じたという意味で。
現場レベルで以前から耳に入ってきている話は本当なんだ、と。
バンドだってアイドルだって何だって、売れない頃もあれば、
成長していく時期もある。終息していく時も。
変わりつつあることはもう間違いない。
AKBはブランド・象徴・マスとしてネーム機能しているのであって、
その大元であるはずのユニットとしての実体、という以上に覇気が...。
会場の反応を含めて。
アイドルが音楽売り上げの75%を占める現在。
内 AKB 48 が25%(残り25%がジャニーズ、更に25%がその他アイドル、そして残り25%がアイドル以外の音楽すべて:バンド DJ SSW ボカロ 演歌 等)。
そんな状況での象徴的な存在に、音楽界全体の危機感すら感じて、
正直「あ、ヤバイのかな...」って思ってしまった。
「1年前は、いやもっと覇気あった」って。
売れない頃応援していたファンの方が逆に冷静に解説してくれたくらいで。
もちろん大舞台としてもワンマンじゃなく曲数も少なく、
熱心なファンは干してたのかもしれない。
時間の無い中、練習なんて時間も取れないだろう。
それは分かるんだけど、僕がショックだったのは覇気。
下手だろうが経験不足だろうが時間無かろうが、
気持ちがあること、一体感が大事だと思うから。
実際に自分の目で見てしまうと...。
たかみなさんがホント頑張ってた。それが逆に突き刺さった。
現場は、すべてにおいて正直だ。事実もそこに出ている。

CDの売上。TV、雑誌での露出。こういうものは目に見えて減少はしてません。

だけど書籍の売り上げと、ファンのテンションはどんどん落ちているように思える、最近のAKB界隈です。

個人的には来年はどんどん転がり落ちて行くんだろうなーと思ってみてます。なんか最近痛々しいのね。辛いです。

私は、ぱるるとかゆいはんのことは嫌いではないですし、好きなのだけれど、正直なところ、「私にとってのAKBは彼女達ではない」のです。んで、私のようなただのヌルヲタがこういうことを思っている分には良いんだけど、メンバーですらそう思っている現実があるわけです。

EX 板野友美

「私は敦子がいてのAKB48が私の中のAKB48だと思ってます。初期メンバーがみんないての7年だったので、今のAKB48は第2章って感じがしてしょうがない。(後輩は)みんなかわいらしくて頑張れと応援しているんですけど、でも私が頑張ったAKB48は、敦子がいたときまでだったなと思っちゃいます。」

恐らく、こういう感覚って7期ぐらいまでの子は皆持ってるんじゃないかなー。 (前田敦子ってほんと凄い人なんですよ)

そして一番切ないのは「高橋みなみ」その人が、一番それを思っているだろうことです。

だから編集長も書いているけど、たかみなが頑張れば、頑張るほど私は辛い。

たかみながぱるるやまゆを支えようとする気持ち、後輩を育てようとする気持ちに嘘偽りはないと思う。 今のAKBをなんとかしようとする気持ちは本物だと思う。

だけど、たかみなが心の底から認められるセンターは、前田敦子以外いないわけです。 というか、初期のメンバーは皆そうでしょう。皆が納得出来るセンターは彼女しかいないんですよね。 これは、女のねたみとか、そねみとかそんなんじゃなくて、純粋に一緒に戦ってきた人だからだと思う。残念ながら代わりなんていないのよ。

なんとか折り合いをつけて頑張っているたかみなを見ると、本当に突き刺さります。心の友であり、認め合っている才加が卒業してしまうのも、心配。

高橋みなみは頑張るのを止められない人ですから、泥船の中でもずっと変わらず、全力であり続ける人なんだよね・・・・・。 そしてそんな彼女の生きざまはとっても美しいと思います。

 

そして、新しいメンバー達。彼女達も頑張ってるんだよね。だけれど、至極残念なことに、彼女達がオリジナルメンバー達のように頑張るのは不可能です。

彼女達が悪いのではなく・・・・彼女達が頑張っていないのではなく・・・・「作り上げる」のと「作り上げられたところに入る」のには雲泥の差がある。それだけです。

1期生よりどんなに可愛くて、どんなに才能があって、アイドルとしての素養があっても、1期生と同じように頑張るのは無理です。

世代交代ってのはするもんじゃないと思いますよ。

1期2期しかいないはじめての大箱公演。こういうパッションは新しい子には出せないんだよね。

有華推しなので、冒頭、彼女が盛りげるシーンで、突き刺さります。

URL :
TRACKBACK URL :

*