偶像と新世界見終わるとか

小説家朝井リョウと高橋みなみ(AKB48)との対談より

たかみな「初期メンで『いつかSMAPさんみたいになりたいね』と話していたんです。でも今や初期メンは3人になって、じきに私も卒業する。結局そうはなれなかった」

涙止まらないなー……まいった。

個人的には、初期メンだけではなく、2期、3期も含めると(5期ぐらいまで)スマップになる可能性があった(0ではなかった)と思っているので、こういう風に言わせてしまうことが本当に悲しい。

ちなみにこういう書き方をすると現役メン否定みたいな捉え方をする人がいるのだけど、決してそうではありません。

結局アイドルってのは魅力以前に「どういうストーリーを紡ぐか?」が重要だと思っているので、後から参加したメンバーというのは、既に紡がれたストーリーに登場するという立ち位置なのよね。1ページ目から紡げないんです。もちろん彼女達は彼女達のストーリーを紡いでるけれど、例えるならスピンオフみたいになってしまう。今後最高のビジュアルと最高の才能を持った子が新たに加入しても、初期メンと同じ熱量のストーリーは紡げないんです。(そういう意味ではモーニング娘の後藤真希はやっぱりすげーなとは思うけどね。彼女はちょっと特殊なケース)

自分が愛してやまない香港のアイドルTwins様たちなんかはまさに「スマップ化」に成功しているわけですから、女性アイドルでも、不可能ではないんですよ。

ツインズさん達はあんまり歌もダンスも上手じゃないし、ジル姐の方はアイドル的なサービス精神無いし、むき出しすぎる人なんで、色々とコラコラ!って思うところあるんですけど、「紡ぐストーリー」の質は一級品です。あと、ファンに凄く誠実ですね。そして何よりお互いに対してとても誠実です。

長く生き残るアイドルというのは、ある瞬間消費される対象から脱却するんだと思うのね。それはストーリーと誠実さが蓄積されてそうなる。

んで、高橋みなみという人間が中学2年生から今の今まで積み上げて来たものはスマップ化出来うる量なんだよ。だから、なんで結末が「そうなれなかった」になってしまっているのか、本当によくわからないなー。

ということで、どうでもいい私が泣いた話でした。

台湾ドラマ新世界見終わる

最初から最後まで、第二ヒロイン(というか第一ヒロインだろ)を見るためだけのドラマでしたね。演じる蔡黃汝(豆花妹)ちゃまの演技が思っていた1億万倍良い!
ということで彼女をしるきっかけになっただけでも見る価値ありました。

シナリオ的にも、彼女が一番ギミックある役なのでね。これいわゆる、結末知った上で1話から見返すとまったく別の解釈が出来るというドラマになっているわけです(と思う)だからきっとそのうち2順目するかな。

URL :
TRACKBACK URL :

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by ホイメイ

    あおたさんの言葉のひとつひとつが愛で。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
    アイドルに重要なのは、「どんなストーリーを紡ぐか」っていうのが、名言過ぎます。
    どんどん増えるあおたさんの名言集(ほんとに冊子にしたいTT)

    私とりあえず、あおたさんのブログの1ページ目から読み直して出直してきます(まがお)

    アイドルって、すごい。
    ほんとにすごいですよね。

  2. >ホイメイさんへ

    コメントありがとうございます( *´艸`)
    いやいや、名言ではなく「迷言」でございます(苦笑)
    でも、きっとこの考えはずっと変わらないような気がします(:_;)
    アイドルって私にとってはやっぱり「生き様」であり「背中」であり「ストーリー」だなぁと。

    縛りとプレッシャーの多い仕事で、圧倒的に不自由な状況なのだけど、それ故にもっとも自由な表現が出来る存在になっていく。そんなモンスターアイドル様たちの生きざまって、壮大すぎるなー、魅力の蟻地獄だなーと思ってます( ゚Д゚)もちろんアイドルが全て、そうではないのですが……汗

    本当にアイドルってすさまじいです(惚)

*