孤独北半球・再考

依晨に出会った時、私が知っていた中国語は「ウォー・アイ・ニー」だけだったと思う。中国語(普通語)だと思っていたモーマンタイは後に広東語だということを知った。
だから仮に「gu dan bei ban qiu」という音だけを聞いても何がなんだかだったことでしょう。 ただ、ありがたいことに私は漢字を知っていたのです。

だから孤单北半球というタイトルを見た時に、あっという間にこの曲は特別な曲になりました♪ なんたって、タイトルが抜群に素晴らしい。おまけに英語でもなんかいい。「Lonely Northern Hemisphere」 ほら、なんか凄く良い!

同じように「恋する惑星」も、見る前から、好きでした(笑) タイトルフェチ。そんな言葉はないと思うけど(笑)

孤独な北半球。 タイトルだけで100点満点!

オルゴールの音から始まるから、もう100点追加!さらに依晨が歌ってるから、1万点!

ただMVはちょっとな・・・・・。そう、MVだけはあまりお好みではなかったのです。 だから、当時のブログでこんな一文を書いていました。

まぁでも個人的にMVの作りは↑みたいなアイドル撮りじゃなくてもうちょい意味のある感じにしてもらいたかったっていうのが1点(わがままだぁ~)
なんかもっとこう「せつない」感じの作りにしてほしかった
明るい感じの仕上がりだからねぇ~~~
別に明るいのが悪いってわけじゃなくて、明るい中に暗い切ない部分があったとしたらどちらも協調されるっていうかさぁ・・・
マイクが出てるけどアリエルのキャラが全然小風じゃないっていうかね・・・
小風全開でいろっていうわけじゃないけどところどころあの屈折した感情を盛り込んでほしかったな
歌詞が好きなだけにそう思ってしまうあせる
でもやっぱりアリエル素敵だわっドキドキ

MVへの考え方としては、こんなにヤングな感じではないけれど(笑)だいたい当時と変わらない印象を今まで持ち続けていたと思います。

ところが、私、今日ある事実を知ったのです。

北半球:陸地の面積比、さらに温帯に位置する陸地の比率が高いことが人口、気候の両面に影響を与えている

温帯!? 「北」半球が温帯だと!?・・・・・

MediaSec watermarked file

私にとっての北は完全に、この一家をベースに考えられていました。

北=寒い。富良野の景色です。

だから、孤独な北半球のMVは真冬の空、満点の星が光り輝く中で、お互いの孤独を必死で暖めあう男女が登場するような切ないMVのはずだ!という勝手なイメージが先行してしまったのです。

しかし、冒頭部で登場した依晨はタンクトップ。
GW-01147  すでに暖まっていました。

「いやいやおかしいでしょ、少なくとも秋じゃなきゃさっ!せつなさ出ないじゃん!」

こんなツッコミを入れておりましたが・・・・まさかとんだ的外れ野郎だったとは・・・。 寒帯と温帯を取り違えたことで、「アイドル撮りじゃん」という結論を導き出していたのです。 しかも、ブログ記事としてアップしていたなんて、今更ながら戦慄です。

んで、今日フラットな状態でこのMVを見てみたんです。 すいません。 極上のMVでした。極上に切なくて、可愛いMVでしたよ。 私がパボだった(´_`。)

まず、これに登場する人物って、小風と阿ケンではきっとないんですよね。名前すらないのかもしれない。皆の心に住んでいる恋する女の子と男の子みたいな。もちろん恋する男女である小風と阿ケンもこの中には入るのだけれど。
歌詞に織姫と彦星が出てくるから、もしかしたら七夕に再会している二人なのかもしれない。 たぶんそうだ!織姫彦星を下敷きにして考えるとつじつまが合う部分があるもん。(妄想)

下敷きにして考える。

会えない二人
GW-01171
GW-01181

そして再会
GW-01199

二人だけの時間を満喫
GW-01155
GW-01149
(二人の笑顔が本物なんだよなー。 演技っていう枠からは完全に飛び出してる。 キラキラキラキラしてて、見ているだけで幸せなのです。)

そして、タイムリミットが迫る
GW-01190
別れ
GW-01196

1ミリだけ宙に浮いているような、現実すれすれのファンタジーを感じる。 ただ、一部カメラが手ブレするんです(素人的カメラワークの部分がある)。その部分だけはファンタジーではないのです。たぶんそれは全編通してほとんどが第三者の視点なのに、そこだけは、お互いの視点だからなんですよね。これに気付いたときはズドーンでした。

ちなみに「我 還 不 習 慣」を歌ってるときの依晨が凄い好きです。これは寒帯だとパボってた時から大好き。

依晨の笑顔って嘘がないから素敵ですよね。 それは泣いているときもそうなんだけれど。 ただ口角を上げるんじゃなくて、気持ちでちゃんと吊り上げてる。 眩しいです♥ キラキラしてる。

気持ちが乗ってるから、たった数分のMVでも奥行きが感じられる。 素晴らしいなー。 アイドルMVとか思っててホント申し訳なさ過ぎる(号泣)

そして、私はふと思うんですよ。織姫と彦星を下敷きにするのであれば、冬の星空の下で鬱々と泣いている二人よりも、太陽が光り輝くなかで、沢山笑って、「じゃーねって」やるほうが絶対切ないって!

変わらずそこにあるのに、見えてくるものがこんなに違うなんてホント不思議だなー。

あと・・・・依晨が愛らし過ぎて、可愛過ぎて・・・悶死♪ こんな長い記事書いてきたけど、究極そこですからねwww かーわーいーいー。

孤独な北半球最高!

URL :
TRACKBACK URL :

*