ヘルタースケルター

GW-01324

公式HPhttp://hs-movie.com/index.html

(以下、多少のネタバレ含みます)

昨晩、噂のヘルタースケルターを見てきた。レイトショーなのに、ほぼ満員。

隣の座席に他人様がいる状況にびっくり。そんな些細なことだけで、この映画のエナジーを感じた。

個人的には女優さんが脱ぐことにはあまり賛成出来ないタイプです。例え、「プロフェッショナル」とか「芸術」とか前置きがあっても、無抵抗ではいられません。 大前提として、女優さんには幸せでいてほしい、大切に扱われてほしいと思うからです。それは私がファンであろうが、あるまいが。

脱ぐと底が見えちゃう気がするんです。これ以上はないよ、ってところまで。 だから、脱ぐともっと掘らなきゃならなくなる。慣れと戦わなきゃならない。もっと過激にって。

そういう「もっと、もっと」を見るのが単純に好きじゃないのかもしれません。 得にこういうメジャー映画で「脱ぐ」女優さんは、演じることに魂を燃やす人だから、余計に不安になるのです。 「慣れ」ってものに、本気で挑もうとする人は危険です。

芸術は消耗しないけど、人間は削られます。 だから女優さんは芸術品じゃないと思ってる。 私の考える女優さんってのはそういうもんです。

こんな、偏った人間なもんですから、正直ヘルタースケルターを見に行くのは躊躇いました。 だって、女優さんが削られているところを見ると、私も削られちゃうから。居た堪れなくて、辛いのです。しかも、作品そのものが「消耗される女性」を描いているっていうんだから余計に恐い。

でもね、映画館に見に行って本当に良かったです。 賛否両論あるようだけれど、私のようなタイプの「女優好き」には必ず突き刺さると思います。

まず、冒頭部でバストトップがはっきり映るシーンがある。そこからの激しいセックスシーン。
先制パンチ。私の脳みそがグラングラン揺れる。 あー辛いなぁと。ここまでやらなきゃダメなのかと。

でも、そこだけだったんです。

確かにその後も、激しいシーンや過激なセリフが度々登場します。 お風呂で幻覚を見るシーンや、全裸で倒れるシーンもあった。 でもそこでは大切な部分は映らないのです。

一度出したんだから、二度も三度も同じでしょ?

そういう、「醜い慣れ」はこの映画にはありませんでした。

たぶん出した方が効果的だと思われるシーンがあと3箇所ぐらいあったと思う。 消耗していく主人公を描くとき、演じるエリカちゃんを脱がせることによって、より削られている印象を与えることは出来たはず。

でも、蜷川さんはそれはしなかった。 確かに背中や、お尻が見える全裸シーンはあったけれど、決して正面からは撮らなかった。バストトップは冒頭部の1度だけ。まだリリコが削られる前の1度だけ。

たぶん、狂っていくリリコを描写する中で、バストトップが映っていたら、私は立ち直れなかったかもしれません。 でも、バスタブを使ったり、映す角度を工夫して、ちゃんと見えないようにしてくれてた。

ヘルタースケルターを映像化するのであれば、「脱がせる」ことは必然。脱がせなきゃ成立しない。 でも、その「必然」に対する蜷川さんのアプローチに愛があるのです。 「女優なら、なんでも見せて当然」そんな傲慢な撮り方は決してしていないんだから。

でも、愛があるからといって、スピード感はそのままなのです。過激に落ちていく。

過度に脱がせていたら、むしろスピード感を失っていたのではないでしょうか? 「脱ぎっぷりが良い」ただそれだけがこびりついてしまう。スピードが鈍る。

傲慢ではなく愛あってこそ、むしろ最速。

物語中盤で、リリコをおびやかす、こずえが登場する。演じるのは水原希子ちゃん。

全身整形のリリコに対して、天然物のこずえ。

大胆な濡れ場を演じ、体当たりで作品に挑む沢尻エリカに対して、いきなり登場し、綺麗に可愛く撮ってもらう水原希子、そしてこの子は悔しいほど映像栄えする。リリコと沢尻、こずえと水原の絶妙なリンク。
リリコから掻っ攫うこずえ×もがいている沢尻に対して、ありのままでいる水原。

そして、気付いたら泣いてましたわ。 妹とリリコが会うシーンで号泣でした。 蜷川さんの愛、エリカちゃんの情熱、水原ちゃんの掻っ攫っていく感じ。 本編だけじゃなくて、色んなものがまぜこぜになって、もうまさにヘルタースケルター、ひっちゃかめっちゃか。

エリカ様の脇を固めるのは、寺島しのぶ、桃井かおり、原田美枝子。 脱いで戦ってきた人達。 キャスティングにも愛がある。

テンポが悪いといわれれば、確かにそうでしょう。でも、私はひっちゃかめっちゃかしてもらいました。 良い映画でした。刺さりました。

「慣れ」や「傲慢さ」が生む底は無かった。 底なしでした。

URL :
TRACKBACK URL :

*