かぞくのくに(2012・日本映画)

かぞくのくに(2012・日本映画)

25年が経過して、兄があの国から帰ってきた……

監督:ヤンヨンヒ 出演:安藤サクラ 井浦新 他。

あらすじ

在日コリアンのソンホは総連の重役を務める父の勧めに従い、当時「理想郷」と称えられていた北朝鮮の「帰国事業」に参加する。現地で結婚し子供も生まれたが、離れ離れとなった家族の再会は果たされなかった。

それから25年、ソンホの一時帰国が実現する。ソンホは脳に悪性の腫瘍を患い、その治療のため、3ヶ月の期間限定で日本滞在が許されたのだ。久々の再会に妹のリエや母ら、家族は歓喜。ソンホを温かく迎え入れる。だがソンホには常に同志ヤンが付き従い、その行動を制限・監視していた……

北朝鮮に渡れば幸福になると信じ、10代の息子を北朝鮮に渡らせた一家。そして25年間一度も会えなかった家族。一家の葛藤が胸を打ちます。ちなみに、監督が経験した実話を元にしたそう。

自分でもびっくりなのだけど、映画を見るのは初めて。この1年間シナリオは最低でも10回以上読んだのに、何故だが映画は見てなかったんだよね。とにかく何度読んでもシナリオで号泣する私です。お母さんがヤン同士のスーツを用意するところで毎度泣くのよ。 だけど本編ではシナリオ程泣かなかったなー。

お母さん役の宮崎美子さんの演技が私のイメージするものと決定的に違ってたんだよ。ソンホに再会するシーンの派手な演技を見て「あっ、想像と違う!」と思ってしまった。10回も読んでしまったが故に完全に脳内イメージが出来あがってしまってたんだろうね。

最愛の息子ソンホのために母が出来るのは、本来では嫌うべき、監視者のヤンにスーツを用意することなんだよね。「今後とも息子をどうかお願いします」とヤンに願うのです。母の愛にシナリオでズタボロに号泣する私です。

そして一番、心を打つセリフ

リエ「あなたも、あの国も大っきらい!」

ヤン同士「あなたが嫌いなあの国で、私もあなたのお兄さんも生きているんです。死ぬまで生きるんです」

これからも何度もシナリオは読むだろうなー。ちなみに2013年5月号の月刊シナリオに掲載されてます。

URL :
TRACKBACK URL :

*