花とアリス(2004年・日本)

岩井俊二監督作品 花とアリス

hanalice

あらすじ

幼なじみのハナ(鈴木杏)とアリス(蒼井優)。ハナは落語研究会に所属する高校生・宮本(郭智博)に一目惚れ。同じ部活に所属し、なんとか宮本に近づこうとするハナ。そしてある嘘をついたハナは、宮本と急接近する。しかし、その嘘がバレそうになり、さらに嘘をつくはめに。しかもその嘘がきっかけで宮本がアリスに恋心を抱いてしまい……。

予告

感想など

こういうのが意図して作れるなんて凄いなー。シナリオと分業じゃないからできるもんなのかしら。

好き嫌いは別れると思うけど私は好き。

そりゃ、退屈な映画と評する人もいるけどさっ、私は1秒たりとて退屈しないね。「這個夏天有異性」とか「盛夏光年」とか「藍色夏恋」とか大好きだから。

ファンタジーと現実感。それがいい感じにマーブル模様になってる。

とにもかくにもアリスが良い。

いい感じに残酷、でもちゃんと愛のある子。友情も家族も大切に出来るとこが好き。

少しエキセントリックで花を振りまわすんだけどさっ。家ではメルヘン母ちゃんに振りまわされてるんだよね。

ただし、グレるわけじゃなく、ちゃんと母親との関係も築けてる。

母親の無責任さを嘆いたりしないのよ。そっちがそれなら、私は私でエンジョイするわっていう精神。

ちなみに、男に振られたであろう母親に「え?何?泣いてんじゃん?」と声かけるシーン好きでした。 母娘の関係が逆転してて。

一方で父親に対しては、ちゃんと子供だったのも可愛かったな。平泉成さんズルすぎ。父娘の描写が一番好きだったかも。極々ありふれた会話なんだけど、なんか良いのね。

あと、大沢さんのオーディションシーンとか爆笑した。「おでこあげて?」のとこね。 坦々としているようで、ああいうところがちゃんとしょっぱくて好きです。ルー大柴が哲学を聞くところも笑った。

杏ちゃんに関してはラストの泣き演技が好みじゃなかったなー。なんであの泣き方はダメなんだろ?感情的に泣く人は好きなはずなのにな。

うん。素敵な映画でした。

URL :
TRACKBACK URL :

*