Warning: Use of undefined constant fakse - assumed 'fakse' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-2034e12f96c6d4a4/web/wp-content/themes/dp-escena/inc/admin/control_params.php on line 169

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = NULL, $id = 0) in /home/users/1/lolipop.jp-2034e12f96c6d4a4/web/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/custom_menu.php on line 39
ティラミス/恋愛行星 | EARTHHOLIC・MEMORANDUM

ティラミス/恋愛行星

林嘉欣(カリーナ・ラム)の作品が見たくて「ティラミス」を借りて見た。

はじめましてこんにちわ。の女優さんだと思ってたらシンディーちゃんと共演したキャンディーレインで一度会ってました。(笑)

出演は謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、林嘉欣(カリーナ・ラム)、陳奕迅(イーソン・チャン) 盧巧音 (キャンディー・ロー) 監督は林超賢(ダンテ・ラム)監督。

ストーリーは、耳の不自由な青年と夢半ばで命を落とした少女(ゴースト)の7日間を描いたお話。何度も会うことでお互い運命を感じていた青年コウと少女ジェーン。しかし彼女が不慮の事故に合い、再び会った時彼女はゴーストになっていた。生前目標にしていたダンスオーディションファイナルの日まで彼女は黄泉の番人から逃れるため彼に助けを求めるのだった・・・。

という感じでしょうか。

邦題はティラミス。ほろ苦い恋の味という意味と、ティラミスが本来持つ「私を想って」という2重の意味を持つ。

感想としてはほろ苦いというか結構甘かった。 可愛らしくて甘いラブストーリー。謝霆鋒も、林嘉欣もとにかく可愛らしい。

謝霆鋒は最近おみかけするプライベートショットがかなり厳つくて、ティラミスとのギャップが激しすぎる(笑)

2002年の作品なので可愛いのは当たり前か。

ニコラス演じるコウは耳の不自由な設定だけれど、物語を通してその必要性をまったく感じなかった。

物語冒頭で唇を読んで会話をするという彼のコミュニケーション方法が紹介されたけれど、全編とおして唇に目線が向けられていなかったような・・・。 無音の世界で生きる青年ならば、孤独なゴーストの気持ちを理解出来る・・・設定の必要性としてはそういうことなんだろうけれども。(私的解釈)

カリーナはとにかく顔が可愛い。顔の造りそのものも可愛いし、表情もこれまた可愛い。 演技は初期作品だからあまり上手いな~と思うことは無かったものの、正直に可愛かったです。 ただ可愛いの一歩先(私的琴線という意味で)はティラミスでは感じなかったかも。 故に、他の作品を見るのが楽しみだったりも。

個人的に彼女を見て香港っぽくないなぁと思った。 調べたら日本人と中国人のハーフであるお母様と香港人のお父様の間に生またそう。カナダでの生活も長かったみたいだからなんとなくそういう雰囲気が出ていたのかも。

ストーリーはあらすじを読んで泣く準備してたけど(笑) 最初から最後まで可愛らしい作品だったため泣くことはなかった。

終盤からはファンタジー映画色が強くなって、童話の世界に突入。 それもそれで可愛らしいんだけど、見ながら、「あーこれはツッコむ人はツッコミまくるだろうなー」と思った。

遊園地に侵入して遊んだり、一緒にお菓子作りをしたりと可愛らしいシーンが満載。

思い入れのある俳優さんが出ていなかったこともあり、つっこみつつも、「ええやん可愛くて」と思っていたら終わっていた感じ。

そしてただひたすら特別出演の陳奕迅に大爆笑。 ティラミスを運ぶシーンでコケタNGをまんま劇中で使われていたのにはヒザを叩いて笑った。 初登場シーンもトイレでウ●コしているシーンとは・・・w 香港の国民的歌手・・凄すぎます。

デートムービーとしてはいいんじゃないかと。 お気に入り作品というところまではいかなかったけど、可愛らしい映画だった。

取りあえず演者のファンは楽しめるんじゃないかな。

そして無性ににティラミスが食べたくなります(笑)

URL :
TRACKBACK URL :