蘭陵王では鄭児たんLOVE ←こらぁ

鄭児たんLOVE♥←こらぁ(怒)

アオタまたしても御乱心中です。うそうそ、ちゃんと鄭児さんにはむきぃぃぃぃーってなってますけどね(汗)でもさぁー鄭児アニキみたいなのと、両思いで結ばれたらなんか楽しそうよね。←戯言。

演じた女優さんには相当えぐいクレームが入ったらしいです。演技者としてはつまり「勝ち」ってことですよね。だがしかし、演者さんにあーだこーだ言うなんて、本当によろしくないと思うわ。

思うに鄭児アニキがこんなに嫌われた理由は主役のせいじゃないかと思うわ。(←身勝手な予測)主役の振る舞いへのフラストレーションが、さらに鄭児さん「大っきらい!」になるのよ。いや、もちろん鄭児さんガチで凄すぎてひぃぃぃーってキャラだけどね(苦笑)でもアニキに振りまわされている方が、私的には「おいおい!」ですわ。むしろあっちにストレスたまってる。

蘭陵王さんは、乱世の時代を駆け抜ける戦士としては少々無防備すぎるお方ですな。私的にはもっと圧倒的な説得力がほしかったのだけど、人間味という方を選択したのかしら。それはそれで英雄古装劇ものとしては正しい在り方なのだけど。好みの味付けじゃないかもしれない……し、この後爆裂盛り上がりするかもしれない。まだ最終回まで見てないんで、わかんないっす。 でも今一番どうでもいいキャラは蘭陵王さんだわ。

小説版蘭陵王さんは浮世離れしてて、自分に残酷で、世の中には何の期待もしてなくて、儚くて好きだったわー。ちなみに小説版のヒロインは蘭陵王さんを暗殺するために送り込まれた少女なんだけど、蘭陵王さんはそれを知ってて涼しい顔して自分のそばに置いておくのよ。(ごめん、たしかそうだったはず)むしろ、「いつ殺してくれる?」って微笑んでるぐらいの余裕の人だったなー。そのイメージが抜けないぜ(汗)

とにもかくにも、たまりにたまった原稿を片付けないと、全然ドラマの感想とか書けないわー。早く楽になりたいorz

URL :
TRACKBACK URL :

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんわ~

    私も鄭児にすっかり夢中です(爆)
    「鄭児」ってドラマにした方がいいのじゃないのかしら?

    鄭児はサロメのようでもあります。
    手に入らなければ殺してしまおう。
    その遺体は誰にも触れさせず、自分だけのモノにしてしまおう。
    それが彼女の愛の成就なのです。

    ですが、こんな狂愛のカタチはなかなかライトユーザーには受け入れられませんよね。

    主役二人は、もう、ど~でもいいや。
    (ゴメン、アリエルちゃん)

    • posted by あおた (地球中毒筆記)

      yucaさんこんばんわ♪

      ちょうど今、yucaさん宅にコメしに行っていたところでした(*´∇`*)

      私も謎に鄭児さんメインで視聴しはじめてます(爆)
      まさかこのドラマで悪女考察が主眼になるなんておもってもいませんでした。←寂しい(泣)

      彼女が醜く変わっていく姿と、彼女の求める愛の形を考察するぐらいしか、楽しみが無いのが現状です(´_`。)

      >鄭児はサロメのようでもあります。
      手に入らなければ殺してしまおう。
      その遺体は誰にも触れさせず、自分だけのモノにしてしまおう。
      それが彼女の愛の成就なのです

      狂愛のカタチは確かに受け入れられないですよねー。女優さんには相当エグイクレームが入ったようなので、みんな鄭児さん大っきらいみたいです(苦笑)

      私はどちらかといえば、主役周りの方にイライラさせられてたり…(汗)鄭児さんをモンスターにしてしまったのは、あの二人じゃん!というツッコミすら入れてます。

      >主役二人は、もう、ど~でもいいや。

      本当にその通りでございます(笑) 最終話までにはもっと二人の心に寄り添えたらなーと願っているのですが、最後まで悪女考察に走り続けそうな予感です(汗)

*