ライジング・ドラゴン(原題:十二生肖)

「ジャッキー・チェン最後のアクション超大作!!」

と言われたら見に行かないわけに行かないでしょ!

ということで、ライジング・ドラゴンを本日ようやく見てまいりました!(近所の映画館は本日公開終了だったのでギリギリでした 汗)

JC

本当に凄いもん見せつけられて、興奮が収まりませんわっ。いやー、ラストの30分はただただ圧倒されてしまいました。

起承転結とか序破急とか、人物造型とか、セリフの作り方とか、それはもう本当に大切なもんだと心の底から思ってます。だって脚本って物語の脚/足だもん。

が、しかしやっぱり例外は存在するんですよね。 今作を見て、大スターって凄いなぁー、ジャッキー・チェンって凄すぎるなーと改めて感じています。

だって、シナリオ自体は全然おもろくないんですもん。それこそ最初の30分なんか、かったるくて、かったるくて、ハズレくじ引いたなーとすら思いました。

私の頭が鈍いというのもあると思うのですが、人物/組織の図式、背景がまったくわからない。その上、目の前で起こっている出来事の発端も目的もイマイチついていけない。とにかくハチャメチャなわけです。

なんでそうなるの?と思うシークエンスが多すぎて、見ていて全然消化出来ない。 そもそも、おもしろいストーリーの上にアクションを乗せる構図じゃなくて、おもしろいアクションを撮るために後からストーリーをくっつけたような作り方ですから(というのはあくまで個人的な予想ですけど)細部は突っ込みどころ満載の作品だと思います。

ところが、やっぱりジャッキーがすげーんだわ。ラスト30分ぐらいのジャッキーが凄まじすぎる。 とくに上空で敵とやりあうシーン、そして勝利するもズタボロになる姿なんか、とんでもなかったっす。もうそれは作品云々じゃなくて、生き様なんですよ。スーパーヒーローここに有り!っていうのを大画面でまざまざと見せつけられてしまいました。

降参です。参りました。

ちなみにボーリン兄さんや、スーチー嬢、ダニエル兄さんなんかもチョコと出ていて、なんか楽しかったっす。 あと、冒頭で「英皇電影」って文字が出てくるだけで、私の中では満腹でしたわ(←何故に?w)

DVDでいいかなーなんて思ったりもしたのですが、こうやってスクリーンで見られて本当に良かったなー(泣)

ジャッキーお疲れ様です!

URL :
TRACKBACK URL :

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by ホイメイ

    ものっすごくお久しぶりです(汗)。

    ヘタれていたら、あと、いろんな妄想を楽しんでたら、
    妄想が楽しすぎて現実に戻れなかった2013年春でした(汗)。

    ジャッキー!!!

    うん、わかります!ジャッキーは例外です(*^^*)
    私、映画のエンドロールのジャッキー観るだけで、「あーエンドロールだけでも充分に幸せになれるって、なんだ、何者なんだよジャッキー!!」と、映画館で地団駄踏んだ記憶があります。

    私も楽しみにチェックします!!

    あ、それから、これは小声なんですが(え?!)。
    ブラホワ映画の続編が、いよいよ撮影開始のようですね・・・・。
    いろんな意味で切ないっす。

  2. posted by アオタ ウタコ

    ホイメイ さんへ

    こんばんわ!!!私こそ、ご無沙汰しております 汗

    2013年春は、なんだかエンタメ界隈からずいぶん遠ざかってしまって、ホイメイさんのホミン萌えがキラキラ眩しい今日この頃です(/▽*\)
    しかもなんていったって、東方は底が知れませんから、堀進み甲斐がめちゃめちゃあって、本当にうらやましいです♪

    >ジャッキー

    例外ですよね!シナリオそのものにキレが無いために「特別な存在感」がより際立っていて、胸がいっぱいになりました。もうこういう人は二度と出てこないんだろうなーと、心底思います。 しかもNGシーンでジャッキーも普通の人間なんだなーと思わせるあたりがにくすぎるー♥

    >痞子英雄

    ・・・・あらま・・・・(´_`。)
    導演の自己満足映画になりはしないかと・・・不安でしかたありません。
    そもそも、完璧な姿で描けない痞子英雄にこんなに固執する理由が私にはイマイチ、わからなくて・・・。
    仔仔が痞子英雄から距離を置いたのも、例のあの一件だけじゃなくて、色々な積み重ねなんだろうなーとか、かなしいことを思ってしまう我です(泣)

*